すごく主観的なもの言いなんだけど


※全然記事と関係ない、おばの父上の写真。かっこいい…

ものを作って人になにか出来る事があるとして、根本的なモチベーションとしては、人を喜ばせる(または豊かにする、幸せにするなど)と、何かを伝える(または守る、伝承するなど)があると思っている。(お金が欲しいと自己満足を除く)芸術全般、宗教から始まっていて、根本的な目的としては、人の幸せを目的としている(またはしていた)ので、喜ばせる。という事と、何かを伝え道理を説くのは、強弱はあるにしろ理念、政治的な行為だと考えている。(大体、評価の物差しも、自分にとって魅力的か、自分の考える理念に適うか、の二択だと思っている。)で、色々見渡した主観なんだけど、この2つのせめぎ合いとか、質と対象のミスマッチで、色々問題が起こるな。と思っている。

ただ実感として政治的な理由、これを伝えるべき!とか、守るべき!とか、理念の共通見解や同意を得るのは凄く難しい時代で、例え真っ当でも、興味のない人にはつまらなくて堅いと思われている。それに、多様性や個人の自由が根本にあるので、押し付けがましい話になったりして、凄く力として弱い。逆に、楽しかったり面白いのが大事!っていうのは同意を得やすくて、力を得やすいんだけど、衆愚政治、という言葉があるように、ただの快楽だけが拡大した時、人が幸せになったり、世界が調和するか。という疑問がある。やっぱり、両輪だと思うんだよね。色んな所で創作とかオリジナルとか言うんだけど、歴史を背負っていないメディアは無いと思う。どんな方法でも、政治性を備えてしまう。(この文だって、日本語文化や、理屈くさい文章や、テーマも芸術や思想の手垢でベタベタになっている)だから、そこらへんも踏まえないと、魅力としても強くなりきらないんじゃないか。本当に楽しくしようって思ったら、その意味や政治性(やメッセージ性、具体的には技術とか歴史だったりすると思うんだけど)も抑える必要があるし、何か伝えようと思ったら、それが人の喜びになってるか。が、大事だなって最近徒然おもっています。坂口安吾が戯作性とか言ってたけど、戯作性がないメッセージは押し付けだと思うんだよね。この記事は全然人を楽しませようとかしていませんが

とか、見知らぬ土地で作家さんとか職人さんとか、ミュージシャンとか、色んな人と話してたら色々思っちゃった。

全然、展示のお知らせとかしていませんが、9月に展示が3つ(?)くらいあったり、注文たまってたり、アトリエ移転計画(ビッグニュース!)があったり、レクサスプロジェクトやら某メディアやら色々あって、ゆるやかに忙しくしています。

また、矢継ぎ早に告知します。という、つぶやき

次回の出展 と、美術と工芸について最近思っていること

 

■■■■■■■次回出展のお知らせ■■■■■■■
・「初夏の色」
日時:5月18日(木)~23日(火)
時間:11:00~ 18:00(最終日17時)
場所:space koh

・「ギャラリー青らんぎワークショップ」
日時 5月16日(火)①午前10:00〜②午後1:00~
予約:青らんぎ 042-345-3532

Workshop & Pop-up store展【てまえみそ】
日時:4月27日~5月7日
場所:Diginner Gallery Workshop

 

■中津箒みんなでの出展ですが、久しぶりに出向きます。楽しみ。■

・「井のいち
日時:5月21日(日)10:00~ 16:00雨天決行
場所:石神井氷川神社

・「東京蚤の市
日時:5月13日(土)9:30 ~18:00
5月14日(日)9:00~ 17:00
場所:東京オーヴァル京王閣
※入場料500円(小学生までは無料)

 

久々の投稿。

人に会うと、最近どう?なんて聞かれたりするけど、職人仕事に関して言えばかなり単調なので、変わらずやってます。みたいな返ししかなかったりする。

(勿論、細かい変化、あそこの縛り方が・・・とか、色々あるんだけど、口頭でほとんど伝わらないし、あまりにマニアックなので、社交辞令的に返すにはあまりに仔細。なのでそう返す。)

 

最近は、美術史、というか、そのマッチョさについてよく思いを馳せています。

文化の力関係と言いますか・・・具体的には、フェミニズムの本を読んだり、オリエンタリズムの本(というかザイードですが)を読んだり、日本の先住民の本(というかアイヌですが)を読んだり。短歌でも、女歌の話は、結構重要なトピックです。

 

美術や工芸が、マッチョな文脈にあるっていうのは、多分学生の頃からこじらせている。自分の好きなドストエフスキー、カラマーゾフの兄弟に出てくるゾシマ長老の「全人類の幸福と調和」という言葉が個人的なモットーで、芸術全般、世界の幸せの為にあると信じている。ので、キリスト教とか仏教、神道、色々あるけれど、それらが何をしてきたか、っていうのは気にしている。特にキリスト教は、一時期世界のほとんどを領土にしていて、西洋美術はその上に育ってきたので、かなり色んなものを孕んできたように思う。勿論、いま一般的に美術と言われているものは西洋美術がメインストリームで、人類のすごい財産で、自分も大好きなんだけれど、貴族の文化がベースにある。と多く感じている。

 

日本で美術や工芸という単語が今の様に使われ始めたのは明治以降で、外国との対比が下敷きにある。その前には、茶道とか、画とか書とか、色んなものがごっちゃになっていた。どこから日本の美術か、というのも難しいけれど、特徴的な文化、茶道や(時代は違うけれど)民藝などは遡ると禅に繋がる。どちらも、始めたのは西洋同様に富裕層だけれど、ベクトルとしては真逆の部分が好きです。どんどん足していく、足し算していくよりはどんどん引き算していったり、朝鮮の田舎の職人の器がすごいんじゃない?とか、どんどんローカルに、民衆のもの、素朴なものにむしろ美しさを見出した点、そのほとんどが建具や器など、道具や生活に繋がっていた点、など、誰もが幸せに、という事を考えると、日本式の方が良いなぁ、というのが最近の考えでした。

 

ただ、それも更に入れ子状になっている、と、という解釈もあって(池田忍さんなどですが)日本は、西洋に対しては繊細さや細やかさなど、たおやめぶりを発揮するのに、国内では、結局男の強権的な文化じゃないかみたいな(すごく乱暴な言い方)だったり、近しい所では北海道の木彫り熊がおみやげの工芸になっているけれど、結局アイヌを支配して狩猟をとりあげて日本の経済にはめ込んだ結果だったりする。

ただ、自分の信念にしたがう限りは、金持ちの鑑賞物や大きな力になるよりは、出来るだけ普通の人の用途に適う、便利で、環境や文化に対してマッチョでない形でありたいと思っています。作る物は、別に変わらないんですけどね。

 

マッチョって、対義語でて来なかったんだけど、ないんだろうか・・・座右の銘は?って言われたら、それにしたいんだけど。