虚と装飾でつくるもの

今年は、中津箒みんなが忙しくて 初めて、がっつり畑の手伝いに来ています。

たまに身体を動かすと気持ちいいなー

子どもが小さくて、あまり長い本は読めないのだけれど、最近ハマったのがこちらの本でした。

「俳句という他界」関悦史

※お店のブログにも、レビュー書いた

書籍紹介ー「俳句という他界」関悦史さん(邑書林)

とっても面白かった。

主に書いてあるのは、俳句が持つ他界性について。

ブログは、お店の書籍紹介なのでその紹介程度なのですが、手仕事にも繋がる話だな。と、続きがあります。

◆俳句で開く他界

俳句ではしばしば、虚と実の問題があげられています。芭蕉の話でも「虚に居て実をおこなふべし。実に居て虚にあそぶ事はかたし」『本朝文選』

との事。

また、本の中では遊びについても語られています。かつての村の祭りの中では、神に扮して舞うという事がしばしばありました。お祭り好きなら知っているのですが、怖い神様もいるし、コミカルな神様もいます。よく考えてみれば、畏れるものや、信仰するものを真似たり、模倣するというのは大変な事で、かなりの遊び心(?)というには凄すぎるものがある様に思います。

ただ結局、その模倣する、という所に「虚」と「他界性」があるという話でした。

言葉は自然や世界を表現、文字に置き換える為のもので、抽象的な虚にあたるものです。更に季語となると自然を象徴するもの。座の共通言語として背景や文脈を膨大に蓄えた、更に抽象性の高い虚と言えるかと思います。

自らの体験を元に、虚を経由して、定型の中で真実に至る。座の文芸であり、常に他界に開かれている所に俳句の前衛性がある…という話でした。

◆虚飾と手仕事

虚と実、という話で言えば、手仕事で道具を作る、というのは、最も実に近いと感じます。器なら食べること、服なら着ること、プロセスそのもので、直結している。食事、という言葉より、食事を具体的に表現出来るのは器だと思います。

個人的にも実用性、という強さは本当に揺るぎないと思っていて、民具の類も、機能性、必然性という所を主に気にかけています。

そこでいつも、装飾、という事を気にしていました。虚飾、という言葉もあります。完璧に機能性を高めて、余分を削ぎ落とした道具があるとしたら、装飾の要素はないんじゃないの?というのがあって…ただ、こちらの稲垣さんの本の中にも書いてもらったのですが

工房からの風―作る・働く・暮らす・生きる20の工房を訪ねて-稲垣-早苗

装飾も機能。という風に自分は解釈していました。

道具には、自ずから機能があるけれど、その道具が人の暮らしに寄り添う為に、装飾や意匠がチューニングをしてくれる様な考え。

でも、装飾自体にも古代から長い歴史があって、そんなオプション的な扱いじゃいけないという思いも常にあり…この俳句の話を聞いて、勝手にスッキリした次第です。

実から離れる虚 は、無内容なものでは決してなくて、

・世界を遊ぶ事→自然を模倣したり、自然界にはないもの(簡単に言えば直線とか真円とか)を作り出して別の世界を打ち立てる事だったり

・更に、共通言語として他者を繋げる

という様な壮大な役割がある。世界を作る事。他界への道を開くこと。

神は細部に宿る。とか、言葉が一人歩きし過ぎてよく意味が分からないなーと思っていたのですが、細かな装飾・ディテールで何を遊んでいるのか、それは他界に通じているのか。

という事を思うようになりました。

春の展示予定

言いたいことはたくさんある癖に、告知は後手後手になっております・・・!

近況では、アトリエショップを、こつこつ改造したり、
プレーパーク(子どもの遊び場。胸熱!)もちょいちょい行っています。
相変わらず、制作しながら毎日HIPHOPを聴いて(もはやただのハガキ職人)
「アートも工芸も宗教も、ハードコアはいつだってカウンターだったじゃないか!」とか、ひどく雑な事を真面目に考えたりしています。

言いたいことはたくさんあるけど押し付けちゃいけない。韻律に載せて言霊にするんだ!という理念に基づいて並行して詩歌を読んだりしています。
(短歌ばっかりだったんだけど、俳句や現代詩にも手を出し始めた)

あと、聖書にもはまり始めた事も相俟ってパンのお供にワインも好きになり始めました。最近気にしている言葉は清貧です。

とか、色々書いたら広げすぎて不安定な人みたいですが、楽しく暮らしています。北海道にはストーブがあるお陰で、煮込みばっかり作っています。

・・・というさなかの展示のお知らせです!笑

まだ情報公開されていないものもあるんですが、近いのでまとめて。
(後ほど、告知します)
また近づいたら、詳細、投稿したりします。

あんまり手をだし過ぎるので、参考程度・・・のも多いのですが、たくさんの人に会える事は嬉しいです。

あと、まだ詳細でてないですが、5月には、恒例のなんちゃら市も二つくらいありますよね・・・出向く予定です。


◆「中津箒と中村穣二さんの絵を楽しむ展」
日程:3月10(土)〜18日(日)
時間:11:00〜18:00
場所:イル・ドーノ千歳店


◆「素材と工藝」
日程:3月17(土)〜4月1日(日)
時間:12:00〜19:00(日・祝・最終日は18時まで)
場所:器と工藝 コハルアン (旧・神楽坂暮らす)


◆「中津箒」展 (中津箒総勢での出展)
日程:3月31(土)〜4月8日(日)
時間:11:00〜19:00(4日は休業・最終日は18時まで)
場所:knulpAA


◆「武蔵國の籠と紙」※数点・作品協力
日程:4月11(水)〜16日(月)
時間:11:00〜18:00(最終日17時)
場所:space koh

◆4月18~21日 神奈川(ワークショップ+参考展示)

 

◆「台所 展」
日程:4/28(土)-5/7(月) ※5/2(水)のみお休み
時間:11:00-18:00
◎最終日5/7(月)のみ17:00で終了
場所:テノナル工藝百職

 

◆「初夏の色」
日程:5月9(水)〜14日(月)
時間:11:00〜18:00(最終日17時)
場所:space koh

◆5月31~6月26日 岡山(詳細後ほど!)

お世話になっている皆様、ご無沙汰している皆様、どこかでお会いできれば嬉しいです!
悔いのない日々を、おくります