『工房からの風』一草一木について

今年も、工房からの風で、風人としてお手伝いさせて戴きます!!

今週末です。

工房からの風

日時:2018/10/13(土)・14(日)

10:00~16:30

会場:ニッケコルトンプラザ屋外会場

今年のテーマは、五行の木火土金水の木。一草一木をピックアップするとの事で、じっくりめ実演、デモンストレーションをします。

毎回思う事ですが、活躍する、錚々たる作家さんに囲まれて身の引き締まる思いです。

一草一木とは、期せずして自分が一番大切にしてきたテーマだと思います。

たくさんの物や情報が流れていく世界の中で、大切なものは何だろう。と、探し続けていました。豊かに、幸せに暮らすためには、本当はそんなにたくさんの物は必要なくて、心から大切に思える一つを見つける事こそ大事だと思っています。

一本の草、一本の木にも生命の循環があり、恵みがあり、宇宙がある。その豊かさに気づく為、手仕事に携わっているのだと思います。

例えるならば、今回出展してくれる作家の皆さんも一本の草、一本の木の様で…

各々、根付いた土地と大気の力を命の限り吸いこんで、身体に行き渡らせ、形にしている人達だと思います。自分の手と、そこから生み出されるものに身を委ねる恐怖と、希望と、背負っている重みは痛いほど分かるので、その一人一人がより本来の姿を結実できるよう、立ち回る風人でありたいと思います。

近況、と9月

すっかり滞ってしまいました。

変わらずやっています。SNSの投稿も減りがちなのですが、代わりに、アトリエショップのブログをたくさん書いています。

殆んど、詩歌の事ばかり?少しずつ、お店めがけて来て下さる方にお会いできたり、メディアなどにも取りあげて戴く事が増えてきました。

箒だけやってても何故箒?と聞かれるのに、更に詩歌の本を扱っていると、個性的ですね。と言われるのですが…暮らしや、生きる事を肥沃にしたり、味わいや気づき、思考を促す為に作るのだから、身近な暮らしの道具を作るのは自然な方法で。行間や味わい、凝縮した視点の結晶のような詩歌に触れるのは、当然じゃないか。と思っています。

すごく雑な言い方をすると、世界が美しく見えたり、幸せに近づいてもらえるなら、自分の箒でも、人の詩を読むのでもいいんじゃないか。という…

(が、やっぱり、自然の素材で、古来の風習に繋がっていて、シンプルで恒久性のある道具、というのは自分には最適だと思っている。でもやっぱり詩でしか届かない領域も多く感じる)

真面目な作り手の方に聞かれたら怒られそうだな…と思いつつも、明治以前の文化的な人は、器だろうが歌だろうがシームレスに嗜んでいたはずで、縦割りにならない方が正しいのでは?とかも思ったりしています。本当は、文武両道まで言えると良いんでしょうけれど、運動不足は極まっています。達者の道は遠い…

7月は畑の手伝い(たのしかった!)に行ったり、8月は制作。9月からイベントや出張が始まります。

カゴアミドリさんでは、国産の箒の作り手を集めた、かなりエッジの効いた展示になりそうです!ワークショップやトークもあります。

そのほか、9月は上海の見本市にも出張予定。

どうなるかな〜

・「種から育てる箒」展

日時 : 2018年 9月12日 (水) ~ 9月23日 (日)※17.18日休み

時間:10 : 30 ~ 17 : 00

場所:カゴアミドリ