カテゴリー別アーカイブ: イベント

箒と詩歌について(と、出展のおしらせ)

ほうきを作りながら何故詩歌?という質問もよくされる(何故ほうき?の方が多いですが)ので、書いておきたいと思いました。取材なんかでも、意外と掘った話が出来ないもので「暮らしを豊かにしたいと思って…(えへへ)」くらいでほわっと終わらせてしまう事が多いので…

作品の説明をする時は、ほうきの歴史だとか、機能、またはコンセプトを説明する事が多いのですが、表現するものの本分は、それ以外の所にあるように思っています。

作品が表現するものは、意味や機能よりポエジー(自分なりのボキャブラリー、と強く前置きしての広義な使い方なのですが)の方が大きいのではないか。という事です。

説明の言葉では、明快な線引きや指向性を示す事が多いのですがおそらく、より大切なのは方向性や定義じゃなくて、そのベクトルのもつ質なんじゃないかと思っている。その、意味を包括する質や雰囲気(というとまたもやっとするんだけど…オーラとかアウラとか言った方が近いかも知れない)が、作品の持つ詩情なんじゃないかな。と考えています。

箒なんかの古い道具も含めて、クラフトと呼ばれている界隈の最大の強みは、人の生活に直結している。生きる営みそのものである事だと思っています。そこに物事を見て、感じて、形にする感性があったら最高なんじゃないか。そんな詩情の、最も純化されているものが、詩歌だったのだと思います。すごく雑なんだけど、道具の対義語は言葉、だと思っている…。

逆に、日常の器や食事みたいに、詩の言葉が暮らしにあれば、最高だな。と思う。特に、日本の育んで来た短詩系は、生活と密接していて、詩歌を作る人々の生き様には、圧倒されっぱなしで…!

(また違う話ですが、美術や工芸がカテゴリとして分化される前は、芸として一緒くたにやられていたんじゃないかなー、とか思う。)

世界中の人が詩人になったら、世界が平和になるはずだ。をモットーに暮らしています。

ここまで堅苦しく直線的には話さないけど、ちょこちょこ、お店でこんな話をしたりする。

楽しく、暮らしています!

次回の出展は、いつもお世話になっている、ディギナーギャラリーさんです。

がっつり、こういう道具とかアクセサリーの販売もするけど、キレッキレの写真とか絵画の展示とか、やってのける辺りがとてもかっこいいお店です!

・「年年歳歳 2018」

日時:2018/12/13(火) – 12/27(火) 休日:17日、25日

時間:12:00-20:00/最終日17:00迄

場所:Diginner gallery workshop

工房からの風・御礼

今年も、工房からの風においでになった皆様、ありがとうございました!!

風人として、これだけの作家さんを無事に迎えられた事。事故なく開催出来た事、何より嬉しく思います。

今回担当させて戴いた一草一木テントは、草や木関連の素材を出展作家さんからお借りして、ご紹介するブースでした。手仕事の奥深い部分を見てもらいたい。より感じてもらいたい。とかねてより思っていた(改めて見返したら、風の音、初めての寄稿にも、出展前なのにそんな事書いてましたね…笑)自分としては願ってもない企画でした。

岡野さん、岡林さん、勢司さんのデモンストレーションも、とても素敵でした!!二人の制作を見るのは初めてだったのですが、とてもかっこよかった。と言うか、これが本当の姿なんじゃないか…と思うくらい。作り手は、素材に触れている時間の方が長いので、身体や佇まいがそちらに近づくのも当然なのかも知れません。

自分も、ちょろちょろっと話しながらデモンストレーションの予定が、2日とも40分くらい、ノンストップ喋りっぱなしで作ってましたね…笑

こんな事初めてで、自分でも驚いた。けど、作っていると毎日ほうきについて考えているから、エピソードや考えが幾らでも出てくる。自分で言うのもあれですが、これまでの経験があるから出来たパフォーマンスだったなと思います。

更にこのテントが、作家さんの所へ繋がる。と、確信出来ていたから、勢いづいて出来た事だったようにも思います。

唯一無二の体験でした。岡林さん達の力でとても素敵なディスプレイになったブースで、尊敬する作家さんや、愛して止まない技術や背景の話をして、詳しくは、会場のあの方の所へ!と、〆にはお客さまを送り出せるのは、風人でしか得られない喜びだった様に思います。

ご協力戴いた皆さま、本当にありがとうございました。

・・・・ちょっと違う話なんだけど

風を興す、人を繋ぐ。自分が作る事と違う事の様で、すごく根本的に大事なのではないかと、実感する機会にもなりました。

どんな芸術も、文化も、背景や繋がりなくては生まれていないはず。それは土地だったり、体制だったり、思想であったり、経済であったり、時にはおばあちゃんから受け継いだものだったりする。時代がくるくると変わって自由な分、拠り所もない現代だから、これはどんなもの?どんな思いで来たの?という事を明らかにしたり、時には築いて行かなくてはならないのでは。という事も、体感として強く思いました。どんなに素敵なものでも、理解したり、感じられる土壌がないとその実力が充分に伝わらない。というのはままある事のように思います。

その場所や歴史や背景を吸収しながら、世界に喜びを与えられるのが、作家なのだと思います。

こうやって、場所づくりに関われる事が自分の仕事や、生きる世界に大きく還元される事を現場で実感しています。とても大きな話をしている様で、それを確実に実現してくれている出展作家の皆さま、スタッフの皆さま、そしてご来場の皆さまには、毎年感謝の気持ちでいっぱいです。

きちんと、自分の仕事にも還元していきしたい!

また来年も、心地よい風が通りますよう。皆様のご活躍、日々の充実をお祈りしております。

しばらくは、籠って制作予定です。アトリエショップでも、色々企画があるようです。お楽しみに!!